Windows10に合わせて、Office2016がリリースされました。

契約方式

個人でのOffice2016の契約方式は、従来の方式に加えてサブスクリプション方式が追加されました。

サブスクリプション方式・・・特定の期間内(例1年間)の使用権を購入する方式で期間ごとに使用料を支払う必要がある。

契約比較

永続ライセンス・・・購入すると永続的に利用できます。

個人で利用する場合、「Office 365 Solo」か「Office Home&Business 2016」か、迷いますね。

「Office 365 Solo」は、PC2台とタブレット・スマートフォン2台で利用できますが、「Office Home&Business 2016」ではPC2台のみ

無料で利用できるSkyDriveが、大きく違います。

ご自分の利用環境で選択するしかありませんが、「Office 365 Solo」をお勧めします。

Office 製品ラインアップ

Amazonでは、さらに安価に利用することができます。
Amazon Office ストア


機能改善

パソコン相談でよく相談があるワードとエクセルを取り上げます。

共通機能強化

リボンの右側に、操作アシストダイログボックスが追加されました。

その他、アプリごとに機能強化がされていますが、全体としては、「クロスプラットフォーム」(クラウドストーれっじOneDriveを経由した、パソコン・タブレットデバイスからの閲覧・編集や共同の編集作業も可能)の強化が目玉になっているようです。

ワード2016

個人で利用する範囲では、2013とほぼ同じもので、2013と違いはありません。

エクセル2016

一部のリボンに追加、グラフやピボットテーブルなどビジネス向けに機能追加がありましたが、ほとんど同じです。

参考サイト

office2016で何が変わるか をご覧ください。

なお、このサイトを利用するためには、会員登録が必要です。