標準のブラウザがMirosoft edge(エッジ)に変わりました。Internet Exploreはサブのブラウザです。

アイコンは、Internet Exploreとほぼ同じです。

Edge(エッジ)

立ち上げると次の画面になります。(スタート画面)


ハブ

インターネットの情報は操作メニューのハブにまとめておくと便利です。

ハブをクリックしてください。

 お気に入り

 リーディングリスト

  一時的に残しておきたいページがリーディングリストです。

③ 履歴

④ ダウンロード

 ハブのピン留め

 

「お気に入り」「リーディングリスト」への登録は、から


新機能

読み取りビュー 広告などが表示されず、読みやすいページ表示になります。(ただし、読み取りビューに対応しているページのみ)

例 video Grabber 

Webノート 表示中のページに、手書きメモを追加することができます。

追加したページは、OneNote、お気に入り、リーディングリストに保存できます。


カスタマイズ

標準のスタート画面をカスタマイズしましょう。

操作メニューの右・・・(他の操作) → 設定

次の通り設定してください。

  • お気に入りバーを表示する  オン
  • 別ブラウザーからお気に入りをインポートする クリックするとお気に入りをインポートできます。
    インポート元は、Internet Explore と Chromeです。

プログラムから開く

Edgeが立ち上がったときに表示するページを指定します。(IEのホームページです)

カスタムに変更して、URLを入力します。(+で複数のURLをセットできます)

これで最初のページが設定できました。


詳細設定

詳細設定でさらに細かく設定することができます。

ホームボタン

既定ではホームボタンが表示されません。

設定 → 詳細設定 → ホームボタンを表示するをonにしてください。

ホームボタンで表示するURLを設定します。(一つのみ)

IEのホームボタンは、起動時のホームページを表示していましたが、Edgeでは独立して設定できるようになりました。

ホームボタンを表示する オンにするとホームボタンがエッジの画面に表示されます。

ホームボタンをクリックした時に表示されるページを設定できます。この例では、googleの検索画面です。

必要なURLに変更できます。

アドレスバーからの検索エンジン

アドレスバーからの検索では、検索エンジンはBingになっています。

検索エンジンの変更は、(他の操作)→ 設定 → 詳細設定 で変更できます。

 


お気に入りのインポート

インターネットエクスプローラとクロームからお気に入りをインポートすることができます。

1 画面右上のハブボタンをクリックします。 

2 お気に入りのインポートをクリックします。

3 Internet Explorer、Chrome にチェックを入れて、インポートをクリック

インポートできない

Internet Exploreからインポートするとき、「お気に入りをインポートできませんでした」のメッセージが表示される場合があります。

フォルダー「お気に入り」が既定のCドライブ以外にある場合には、インポートできないようです。

この場合には、次の手順で、お気に入りを設定してください。

Microsoft Edge は、リダイレクトしているお気に入りフォルダーをインポートできません


表示がおかしい

表示がずれている場合には、従来のInternet Explorer11モードをご利用ください。

(他の操作)→ Internet EXplore で開く。

新しいwindowにIE11で表示されます。