2015年7月30日 Windows10が正式にリリースされ、Windows7以降のパソコンは無料でアップグレードできるようになりました。

アップグレード予約をして、マイクロソフト社から通知が来てからアップグレードする手順となっていますが、次の手順で予約に関係なく、アップグレードすることができます。

Windows10へのアップグレード手順

マイクロソフト社のWindows10ダウンロードページを開きます。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、指示された手順でアップロードを進めてください。

アップグレードの所要時間は、2時間程度ですが、7時間かかったとの報告もあります。進まない場合にも忍耐強く待ってください。

途中、画面が真っ黒になったが6時間ほどしたら正常に終了したとの報告もあります。

元のWindowsに戻す

  • 一見正常にアップグレードできたが、再起動するとエラーになる。
  • アップグレード後動きがおかしい。

などの場合には、元のWindowsに戻すことができます。

戻し方

アクションセンター → すべての設定 → 更新とセキュリティ → 回復 → Windows7(Windows8.1)に戻すの開始

アップグレード後1か月間 戻すことができるようです。

アップグレードでの注意事項

Windows7,8.1から10への無償アップグレードの予約が可能になっています。(画面右下のアイコン 「Windows 10を入手する」から)

ただし、このアイコンは、そのパソコンが「Windows10にアップグレードできる」ことを保証しているものではありません。

ご自分のパソコンが10へアップグレード対象機種か否か、各メーカーのホームページの「Windows10アップグレード案内」で確認してください。

  • 対象外機種でアップグレードした場合には、パソコンが正常に動かなくなる可能性があり、メーカーの保証対象外になるケースがあります。
  • 対象機種であっても、メーカーの機種別手順に従ってください。また、万一に備えて、アップグレード前に戻せるようにしておいてください。(ディスク イメージ バックアップなどで)
  • 対象機種か否かわからない場合 アップグレードしないようにしましょう。(予約も取り消しましょう)

各メーカーは順次対象機種を増やしていくようですが、「2013年5月以降発表の製品のみ対象」(NEC)などサポート対象機種を明示しているメーカーもあります。

パソコン本体のアップグレードは問題なくても、周辺機器や追加導入したソフトに問題がある場合があります。使ってみて「おかしい」「異常な動きをする」場合には、メーカーや販売会社のホームページを確認してください。(ソフトのバージョンアップ版がある場合もあります)

アップグレードできるかわからない場合

Windows7(2020年1月14日まで)・Windows8/8.1(2023年1月10日まで)はまだ当分使用できます。


無償アップグレード期間は1年間です。

くれぐれもアップグレードは慎重にしてください。


アップグレードを迷っておられる方へ

昨年7月からの無償アップグレード 残り期間が半年となりました。

まだ大勢の方が迷っておられると思います。

迷われていたら、Windows 10にアップグレードする前に知るべき6つの事柄 をご覧ください。


7月からパソコン無料相談会場でこのようなチラシで注意喚起しています。

ダウンロード
Windows10アップグレード注意
Windows7 や8.1からの10へのアップグレード時の注意事項です。
Windows10へのアップグレードにご注意ください.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 496.7 KB