タブレットモード・デスクトップモード

Windows10の動作モードに、タブレットモードとデスクトップモードがあります。

タブレットモード・・・タブレット向けの動作モードで、デスクトップは表示されません。

デスクトップモード・・・従来のパソコンの動作モードです。

動作モードの設定

 アクションセンター → すべての設定 → システム → タブレットモード

サインインのモードなどを設定できます。

一時的にモードを切り替える場合は、

アクションセンター → タブレットモード


デスクトップモード

タスクバー

タスクバーには、①スタート、②検索ボックス、③タスクビュー、④エクスプローラ、⑤アプリが左側に、右に⑥通知領域があります。

スタートメニュー

スタートをクリック

スタートをクリックすると、スタートメニューとともにタイルが表示されます。使用しないタイルは、ピン留めを外しておくことができます。

タイルの上で右クリックしてください。

よく使うアプリのピン留め

  • スタートメニューに「タイル」としてピン留めする
  • タスクバーにピン留めする

の2方法があります。

タスクバーにピン留めしたほうが使いやすいと思います。

スタートメニューメニューのアプリ名を右クリックするとピン留めすることができます。


検索ボックス

検索ボックスでアプリ、設定、WEB検索ができます。

なお、タスクバーのプロパティで小さなボタンに設定されていると、検索ボタンが表示されます。

大きなボタン

小さなボタン

小さなボタンのほうがベターです。

なお、検索ボタンを非表示にすることもできます。(タスクバー右クリック → 検索 → 表示しない)


タスクビュー

複数のデスクトップを使い分けるときに使うボタンです。(仮想デスクトップ)

Windows10からの新しい機能です。

複数のアプリを同時に使いながら作業を進める場合、これまでは、「Windowウィ切り替える」「縮小して複数のWindowを表示」していましたが、仮想デスクトップがあると、デスクトップごとに必要なアプリを起動して、簡単に切り替えて作業を進めることができます。

<使用例>

デスクトップの切り替え  [Ctrl]+[Win]+[矢印]

講習会 テキストと参考資料を、それぞれ仮想デスクトップに起動しておく。

メール・インターネットとワードをそれぞれの仮想デスクトップに起動しておく。 


タブレットモード

タブレットモードの説明は省略します。