XPユーザーの多くの方は、オフィス2003に慣れ親しんでおられます。

新しいパソコンでは、オフィス2013が標準となっていますので、入りいろな点で戸惑いがあると思います。

主要な戸惑いポイント

ツール・メニューバーが、タブとリボンになった

2003で慣れていた、ツール(クラシックツール)・メニューバーが、2013ではリボンとコマンドになり、機能も大きく変わっています。

2013でもクラシックスタイルのツールやメニューバーが使えるようにするための無料のソフトがあります。

Microsoft Office 2010/2013 のリボン上でクラシックメニューとツールバーを表示

しかし、このような対応をお勧めしないで、新しいリボン・コマンドになれるように案内してください。

起動時に見慣れないスターと画面が表示される

状況

Wordのスタート画面
Wordスタート画面

ワードやエクセルを起動すると、見慣れないテンプレートの画面が表示され、「白紙の文書」をクリックして、はじめてこれまでの初期画面になります。

対策

オプションで起動時の設定を変更します。

「白紙の文書」を表示 → ファイル → オプション

 

基本設定タブの「起動時の設定」

「このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する」をオフにしてください。

オプション起動時の設定
オプション 起動時の設定

タッチパネル付のノートが使いにくい

タッチパネル機能が有効なパソコンを購入しました。

ワード・エクセルでタッチは使いにくいので、従来通り、マウスのみの使いやすい形にしたいとの要望です。

オフィスのタッチリボンを表示しないようにする

オフィスを起動すると、リボンのタッチタブが開きますので、タッチタブは表示しないように変更します。

ワードリボン
ワードのリボン

ファイル → オプション → リボンのユーザー設定

リボンの設定
リボンの設定

メインタブの「タッチ(ユーザ設定)」をoff(チェックを外す)にする。

 

なお、タッチタブの位置を変えたい場合には、右にある▼を利用します。

開く・名前を付けて保存にあるSkyDrive(スカイドライブ)とは?

オフィス2013では、Windows8から標準で組み込まれたオンライン ストレージ SkyDriveを、自由に利用できるようになりました。

オンライン ストレージ SkyDrive とは
マイクロソフト社が管理するサーバのスペースを貸し出すサービスです。
マイクロソフトのアカウントを取得すれば、自由に使うことができます。
無料で7GBまで利用できます。
SkyDriveにあるファイルは、インターネットが接続されていれば、どこからでも、どのデバイス(パソコン・タブレット・スマートフォン)からでも利用することができます。

これまでは、「開く」や「保存」は、利用しているパソコンに接続された媒体(内臓のハードディスクやUSB接続機器など)に制限されていましたが、SkyDriveもその媒体の一つに扱うことができるようになりました。

オフィスでサインインは必要ですか?

SkyDriveを利用しない従来型のユーザーには、サインインは不要です。

サインインしていても問題はありません。