Windows8や8.1は、そのユーザーインターフェイスがXPと大きく異なっていますが、カスタマイズにより、その操作性を近づけることができます。

操作性の違いと対策

スタートボタンがない(8)、違う(8.1)

これまでのWindowsは、スタートボタンで簡単に

● シャットダウン・ログオフ

● プログラムの検索・起動

● ドキュメントやピクチャなどのフォルダを開く

ことができました。

 

Windows8 ではスタートボタンがなくなりました。

Windows8.1でスタートボタンが復活しましたが、その機能は変更されています。

スタートメニューを追加する無料ソフトがあります。
例 IOBOT Start Menu 8
このソフトがインストールされたパソコンが相談に持ち込まれることがありますので、ご注意ください。
なお、相談に来られた方には、この様なソフトはお勧めしないほうがいいと思います。

ログオフ
スタート画面の右上にアカウントがありますので、クリックしてください。

Windows8.1

Windows8.1ではスタートボタンが復活しました。

画面の下、タスクバーの一番左のアイコンです。

クリックすると、デスクトップとスタート画面が切り替わります。

右クリックすると、クイックリンクメニューが表示され、シャットダウンやサインアウト(ログオフ)ができるようになりました。

8.1スタートボタン
8.1スタートボタン

プログラムの検索・起動

スタート画面から探す方法とチャームの検索機能を利用する方法があります。

スタート画面から

スタート画面8.1
スタート画面8.1

左下の↓をクリックすると、アプリ画面になります。

アプリ画面
アプリ画面

「アプリ」に横で、表示オプションが指定できます。

アプリ表示オプション
アプリ表示オプション

使用頻度順にしておくと、見つけやすいと思います。

チャームで検索する

チャームの一番上の検索ボタンから


検索は、パソコンおよびWebが対象です。

検索対象の絞り込みには、「すべての場所」をクリックします。

すべての場所・・絞り込みはしません。
設定・・パソコンの設定情報を検索します。

Web画像・・インターネットの画像を対象にします。
Web動画・・インターネットの動画を対象にします。

 

通常、「すべての場所」で検索します。

 

プログラムを検索する場合には、プログラムの頭文字を入力します。候補のプログラムが表示されますので、クリックしてください。

検索例

検索例
検索例

プログラム名は知っているが日本語か英語か迷う場合
日本語の頭文字で検索、英字の頭文字で検索で、アイコンがあるものを見つけてください。
アイコンがないものは、Web検索結果です。

ドキュメントやピクチャなどのフォルダを開く

デスクトップ画面に切り替え → タスクバーのライブラリー

ライブラリー
ライブラリー

ライブラリーは、Windows7から採用された機能です。

コンピュータをクリックすると、XPと同様にフォルダ・ファイルが利用できます。