Windows8や8.1は、そのユーザーインターフェイスがXPと大きく異なっていますが、カスタマイズにより、その操作性を近づけることができます。

操作性の違いと対策

動作モード

Windows8から、2種類のアプリケーションソフト(アプリ)が利用できるようになりました。

デスクトップアプリ

Windows7以前では、すべてのプログラムは、デスクトップ環境で機能するアプリ(デスクトップアプリ)になっていました。

Windows8でも、従来通り、利用することができます。

XPで利用していた多くのアプリケーションは、バージョンアップしないとWindows8では利用できませんので、ご注意ください。
互換モードで利用できる場合もあります。

ストアアプリ

Windows8以降では、従来のパソコンに加えて、スマートフォンやタブレットでも利用できるようになりました。

このようなタッチ操作向けのプログラムは、ストアアプリと呼ばれます。(もちろん、従来のパソコンでも利用できます)

アプリの起動

スタート画面には、デスクトップアプリとストアアプリのタイルが混在して表示されています。

  • デスクトップアプリのタイルをクリックすると、デスクトップ環境に切り替わり、アプリケーションが立ち上がります。
  • ストアアアプリの場合には、全画面表示で立ち上がります。

 

チャーム

画面の右上や右下にマウスを持っていくと、チャームが表示されます。

チャーム
チャーム

マウスを少し動かすと、チャームの背景が反転し、メニューが表示されます。

チャームメニュー
チャームメニュー

パソコン内のあるファイルやパソコンの設定内容、Webにある画像や動画お検索ができます。

 


メールなどでファイルを共有する場合に利用します。


スタート画面に戻ります。


ファイルや情報を、プリンター、Xbox、携帯電話、スピーカー、TV、プロジェクターなど、PC につながっているデバイスにファイルや情報を送ることができます。

ストアアプリから印刷する場合やプロジェクタを接続する場合に利用します。


画面の明るさや音量のほかパソコンの設定(アカウントなど)、アプリの設定、シャットダウン、起動時の設定(例 セーフモード)、システムの回復・復元などができます。