Windows8や8.1は、そのユーザーインターフェイスがXPと大きく異なっていますが、カスタマイズにより、その操作性を近づけることができます。

操作性の違いと対策

起動時にデスクトップを表示する

XPなどのWindows8以前のパソコンでは、起動するとデスクトップ画面が表示されていました。

Windows8では、スタート画面が表示され、デスクトップ画面にするためには、タイルをクリックする必要があります。

Windows8.1では、起動後、デスクトップ画面を表示できます。

デスクトップ画面

タスクバーで右クリック → プロパティ → ナビゲーションタブ → スタート画面でデスクトップに移動をon

ナビゲーションのプロパティ
ナビゲーションのプロパティ

Windows8 では、この設定はできません。
 デスクトップへの移動は次のいずれかで。
 ●スタート画面の「デスクトップ」をクリック
 ●スタート画面のデスクトップアプリをクリック
 ●Windowsロゴキー+D