Windowsの起動で不具合が生じた場合には、セーフモードで立ち上げ診断します。

XPでは、立ち上げでメーカーロゴが表示されているとき、F8 キーの連打で、セーフモード起動が可能です。

Windows8では、F8キーの連打は無効です。

pcの起動方法の設定(セーフモード)

Windows8

チャーム → 設定 → PCの設定変更 → 全般 → PCの起動をカスタマイズする

Windows8.1

チャーム → 設定 → PC設定の変更 → 保守と管理 → 回復 → PCの起動をカスタマイズ

から、システムの復元やセーフモード起動を行います。

従来の「起動時のF8キー連打」では、セーフモード起動はできません。

「今すぐ再起動する」をクリック

オプションの選択

オプションの選択
オプションの選択

「トラブルシューティング」をクリック

トラブルシーティング

トラブルシューティング
トラブルシューティング

「詳細オプション」をクリック

PCのリフレッシュ、初期状態に戻すとは?

詳細オプション

詳細オプション
詳細オプション
  • システムの復元
    システムの復元ポイントから修復
  • イメージでシステムを回復
    事前にバックアップしていたシステムイメージでシステムを復元
  • 自動修復
    Windows8が正常に立ち上がらない時の修復
  • スタートアップ設定
    スタート方法を変更

詳しくは、Windows 8によるPCの「リフレッシュ」と「リセット」をご覧ください。

スタートアップ設定

スタートアップ設定
スタートアップ設定

スタートアップ時のWindowsの動作を選択できます。

「再起動」をクリック

スタートアップ設定

スタートアップ設定
スタートアップ設定

数字キー(ファンクションキー)で、4を入力すると、セーフモードで立ち上がります。